おっさん天国 物欲の泉

日々物欲にまみれ、煩悩の海に溺れて暮らすおっさんがおススメしたい、あんな物・こんな事をご紹介いたします。

ローソン47%増量のハムカツ

 

 

嫁さんがローソンで47%増量のハムカツサンドを買ってきました。しかも2個。もうちょっと言うと、最初に行った店では売ってなかったので、別の店まで行って買ったらしいです。なんなのその執念は。

 

 

 

 

やけに機嫌がいいから「???」だったんですけど。
 

そんなわけで前回のシュークリーム同様重さを計ってみました。

 

 

 

わかりづらいと思いますが216gあります。どうりで持つとズッシリくるわけだ(苦笑)。そんなに食べたいわけではありませんが、捨てるわけにもいかないので、今日の夜に夕食として食べようと思います。

なぜか気分は敗戦処理投手のようです(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

古今亭志ん朝のDVD

 

 

志ん朝さんの《デーブイデー》が発売されてるんですね。これは買いですね。安いし(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジパングをオススメします。

 

 

【累計1500万部突破!】
突然の嵐に襲われたイージス艦。気づけば、戦艦大和が率いる大艦隊のド真ん中にいた…

 

 

ジパングが無料で見られるこの幸せ。本当にありがたい。

この漫画、もう何十回見たことでしょう。でも何度見ても面白い。

お休みの日、特別出掛ける用事のない方には是非読んで欲しいですね。

 

 

www.facebook.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47%増量のシュークリーム

 

 

 

別に食べたいなんて言った記憶はないんですけど、こういうのが大好きな嫁が「買ってあげた。」と。

 

増量とは言うものの、見た目は特に変わったところはないような感じです。でも手に取るとずっしりときます。

 

 

 

計ったら99gありました。

 

 

 

断面はこんな感じでクリームがビッチリ詰まってます。

 

 

味の方はというと「普通!」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デヴィ様の誕生日

 

日本の日付で昨日2月23日はデヴィ様の誕生日でした。デヴィ様も66歳になられたとの由。自分も彼と平行移動で歳をとったわけで、なんだかなあと思う今日この頃であります。

 

 

 

 

 

 

 

富士郎(カップ麺)

 

 



メーカーのサイトによると

 

極太めんと大盛りキャベツに、ニンニク、背脂の風味をきかせたスープを合わせた豚骨醤油ラーメンです。太さにこだわって食べごたえのある極太めんに仕上げました。ポークのうまみに、キレのある醤油の風味を合わせ、アクセントにニンニクや背脂の風味をきかせた豚骨醤油味スープです。具材はキャベツ、肉そぼろの組み合わせです。

 

とのこと。そんなことより個人的な興味は、富士山が世界遺産になってから10年になるっていうそっちの方(笑)

 

 

 

 

 

 

BAHAMEN 《Kalik》

youtu.be

聞き流し系繋がりで思い出したアルバムです。

 

 

今から25年くらい前・・・・「えっマジ!?もうそんなに経っちゃったの?」てビックリしちゃいました。

当時レゲエのちょっとしたブームみたいなのがあって、いろんなところでレゲエがかかってたり、CDショップにもそっち系のCDがたくさん売り場に並んでたように記憶しております。

自分もその波に乗ろうかと思いましたが、やはりそこはそれ、生まれついてのへそまがり故、メジャーなレゲエのCDを買うってのは何かちょっと違うなとか思ってました。で、あるお店にオススメ的に置いてあったこのCDを何となく買ってしまったのです。

まあ聞けばわかりますが、この人たち。レゲエはやってません。南国的な音楽ですが、ジャンル的にはジャンカヌーてカテゴリーことみたいです。

ことみたいですってのは、私はこの人達やその辺りの音楽について何も知らないからです。で、いい機会だと思いWikiを調べたところ、この人達は2000年にグラミー賞の「ベスト・ダンス・レコーディング部門」で受賞してるんですね。知らなかった。時期的には私がアルバムを買ったあとの話で、「やっぱり俺ってセンスあるな。」と。ウソウソ、ショップの店員さんのセンスがよかったってことですよね。

さて、前置きが長くなりましたがこのアルバム。仲間とどこかドライブに行く時などに聞くと最高です。明るくノリノリで気分が明るくなります。なので、30代の頃は車の中でよく聞いてましたね。

因みに2曲目の《(JUST A) SUNNY DAY》にはレニークラヴィッツが参加していて、聞くと「ああなんかわかるわ。」と思います。彼自信の作品を考えると方向性が真逆ですけど、なんとなくって感じです。

まあジャンル的に言って、そんなにのめり込んで聞くようなものでも

 

ないし、重箱の隅をつつくような解説とか要らないジャンルなので、とにかく聞いてて楽なんですよね。この楽ってのがあらゆるジャンルにおいてオヤジには大切な要素です。

BAHAMENといえば、このアルバムがよかったので、その後もう一枚彼らのアルバムを買いましたが、ちょっと打ち込み感が強すぎて個人的にはいまいちでしたね。おかしいな、元テクノ少年なのに(苦笑)

最後に・・・確かこのアルバムを買ったのと同時期に同じショップでこんなアルバムも買いました。例によって予備知識ゼロのジャケ買いでしたが(苦笑)

 

ロバート・クレイ Some Rainy Morning

 

我ながら音楽的な振れ幅(ふれはば)の広さに呆れてしまいますが、こちらは部屋を暗くして酒(バーボンとか)を飲みながら聴くと「とぶぞ!」です。そういうシチュエーションがお好きな方にはオススメです。

 

 

 

 

 

 

<p p><

カリック

カリック

  • アーティスト:バハ・メン
  • イーストウエスト・ジャパン
Amazon

rakuten:furuhon-kaitori-honpo:11981908:detail

 

 

 

 

Night Birds(SHAKATAK)

 

youtu.be

 

 

このCDを買ったのはもう何年前のことかしら。嫁と一緒になる前だから少なくとも15年以上、もしかしたら20年以上前かもしれません。レンタルCDのお店で中古で買って以来、何台か車を変えたのにもかかわら、ずっと車の中にはコイツが入ってます。そんなに頻繁に聴くというわけでもないんですけど、たまに聴きたくなって夜のドライブの時とかに聴いてます。

Night Birdsを初めて聴いたのが、確か中学生の頃だったと思います。出だしから聴こえる、モノフォニックシンセの♪ポー♪て音が当時テクノ少年だった私にグサッと刺さりました。あとは割とどうでもよかったんですけど(笑)実際のところ私のSHAKATAKに対する知識ってのは、Night Birds以上のものはなく、ただなんなく買っただけのCDでしたが、時間が経って自分もそれなりの経験をしてから聴くと、これってなかなかの名盤じゃないかと思い始めております。

特段「うぉぉぉ゙!!!」てところはありません。物凄いメンバーによる物凄くレベルの高い演奏でもないと思います。それなりに上手い人がサラっとやってるイメージです。でも聴いてて本当に心地よいというか、引っかかるところがないんですね。若い頃にはその引っかかりが大事だったりしますが、今はそういうのって聴いてて辛いってところがあります。でもこのアルバムにはそれが皆無です。だから夜のドライブとかには本当に最高だと思います。耳に優しいっていうんですかね、いい音楽って案外そんなものなのかもしれません。てか、私が単に年を取って音楽にあまり深いものとか、あとマニアックなものを求めなくなったからなのかもしれませんが(苦笑)

このアルバムとドナルド・フェイゲンの《ナイトフライ》は、私の中で夜中に聴くアルバムとしては2大巨頭といった位置づけであります。

 

youtu.be

 

 

仕事で日々お疲れの皆さんにオススメします。

 

 

 

 

 

 

ナイトフライ(紙ジャケット仕様)

ナイトフライ(紙ジャケット仕様)

Amazon

 

 

 

富士山頂

 

 

イベントで富士山頂のアウトレットものを買いました。8個入で600円也。あとで調べたらちゃんとした製品は8個で1780円(!!!)らしいです。でも値段のこととかあんまり考えず、富士山頂は好きなので迷わず買いました。

 

この富士山頂、私の周りではその形から男も女も普通に

 

 

 

《ビーチク饅頭》と言っております。

 

 

これを嫌い、或いは不味いという人を見たことがないので、静岡のお土産としていいんじゃないかなと思います。

 

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://富士山頂|静岡和菓子|田子の月オンラインショップ https://tagonotsuki.jp/REG/YA/YA.html

 

 

あと月一回アウトレットを本社でやってるみたいなんで時間がある方は行っみるといいかもしれません。

tagonotsuki.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだこのバス!?

 

 

静岡市駿河区で撮影。最初見た時、周囲の景色との違和感がハンパなかったです。この異様な形をしたバス、水素を燃料とした燃料電池自動車っヤツです。

あとン十年したらこういうバスが普通になる・・・・のかもしれません。

調べたらローカルニュースで取り上げてたんですね。興味のある方はこちら↓をご覧下さい。

 

 

youtu.be

 

 

まあでもその水素をどうやって作るのか。採算は合うのか。そもそも水素を作るのにどのくらい電力を必要とするのか等、ハードルはまだまだ高いのかもしれません。文系人間なんでそのあたりはよくわかりませんね。すいません。